跳弾



自分の一日のヒットポイント(体力)を10とする。そして自分で作ったルールがあり、そのルールでミスと判定されるとダメージを受ける。ミスの内容によってヒットポイントの減りが異なる。

ルールもその判定も自分で行う。


下記がその主なルールである。


1.顔面に直射日光を受ける(−1ポイント)

2.ビルや路面店の窓の反射で間接的な日光を顔面に受ける(−0.5ポイント)

3.食事中に汗をかき、ハンカチを使用する(−1ポイント)

4.キーボードの上に抜け毛が落ちる(−0.5ポイント)

5.渡っている途中で青信号が点滅して小走りする(−0.5ポイント)


結果、一日が終わる頃には2〜3ポイントになっている。

ただ、7時間以上睡眠をとれば10に戻る。

そして、一日が経ち2〜3まで削られることになる。


「2」を防ぐことが最も難しく、これを「跳弾」と呼んでいる。


跳弾は発砲した際に標的に当たらず跳ね返った弾が着弾すること。もしくは標的が硬いがために弾が跳ね返ること。あらかじめ跳弾の発生を予測することが被害を抑えるポイントとなる。

このようなルールを勝手に設けて勝手にダメージを受けていない限り、跳弾については調べなかった。


点滅した青信号を小走りで渡っている間に直射日光を顔面に受ければ−1.5ポイント。


跳弾3発分。毎日がサバイバル。


イラスト:阿部隆太

最近の文章