きょういくときょうよう


法事があると親戚が集まる。叔父叔母従兄弟。

私の父親は弟と妹がいて、彼らが集まる際に妹の夫も来ることがある(父からすれば義理の弟、私からすれば義叔父)。

そんな時に話題になるのが私の父のひきこもりについてである。

父はとにかく外出しない。ショッピングというものをしない。

服は母が買ってきた服。食事は母が買ってきた冷凍食品(ナポリタンか炒飯)。

海外旅行も行ったことがなく、免許は原付のみでスーパーカブしか乗らない。教習所に通ったことはあるが、教官と喧嘩して車の免許は取らなかった。

そんな引きこもりの父を見かねた義叔父が、「若い時は『教育と教養』が大事だが、年をとったら『今日行くと今日用』が大事だ」と訓戒を垂れた。

つまり、年をとったら「今日行くところ」と「今日用事がある」が大切になってくるということである。

義叔父の訓戒に母や叔父叔母が盛り上がっていたが、父は苦笑いを浮かべていた。

これは去年の夏の話。

今ステイホームをキメている父は元々のひきこもり資質が時代に合致したということで、以前より性格が明るくなっている。

母は「あの人はビビリだから外に出ない。だからコロナにも罹らない。あいつはビビリだから、、、」とため息をついていた。

そういえば家の近くに夕方5時のチャイムが鳴るスピーカーがあり、それが故障していてチャイムの時にひどいノイズが出ていた。父はそのスピーカーに向かって「うるせぇ!!」と1人怒鳴っていた。

自分はそれを見て「ビビリの犬はよく吠える」と思った。


イラスト:阿部隆太

最近の文章