めざましテレビの星座占いと転校生

小学4年の夏休み明けの新学期、転校生が来た。自分はその日の朝、転校生が来るということを知らなかったが、ウキウキしていた。

めざましテレビの星座占いで自分の星座(天秤)の運勢内容に「今日は新しい出会いが。恋のチャンス。」とあったから。

で、登校したら転校生の話。登場前から既に惚れていた。

しかし、惚れている期間は長くなかった。2日間だった。

自分にとって星座占いを信じるパワーはそんなものだった。

小学5年生で別のクラスに転校してきた女子が好きになった。

転校を繰り返している子で、本人から言い始めたか、父親がサーカス団員という噂を聞いた。両想いという話にもなったが、両想い以降の恋愛の進め方がわからずそのままだった。

結局同じ中学に通うことはなく、進学のタイミングで転校してしまった。

時は流れ高校。前者の転校生からひっきりなしに携帯に着信がある時期があった。

恋愛相談だった。

高校で好きな人ができたということで、自分はその人と知り合いだったので色々アドバイスをしていた。

しかし、あまりにも恋愛相談が長く、深夜に電話がかかってくることもあり、一番の理由としては、自分自身も高校生活で片想いをしている時期だったので、人にアドバイスをしている場合じゃなかった。

なので、着拒した。

着信拒否は電話は鳴らないが、着信件数にはカウントされるので、着信履歴にビッシリ残っていた。

そのバイタリティーを好きな人に向けてよね。

結局、告白はしなかったらしい。

最近の文章