キープ・イン・タッチ(連絡を取り合う)

5回仕事先を変えてますが、その中の1つの話。

私は当時内勤の仕事をしていて、多くのスタッフに囲まれていました。

あるOLがいました。その人のことが少し好きでした。告白はしませんでしたが、仕事の話から趣味の話とか、私生活の話をすると痛快ウキウキでした。

彼女は私より12くらい年上で、当時40は過ぎていました。

とても綺麗な容姿で、引く手あまたな様子でした、実際はどうだったか知りません。

そんな彼女でしたが、よく「死が近づいてくる」とおっしゃってました。(老いというものを意識している様子でした。とても綺麗でしたが。)

飲み会の時はほぼ確実におっしゃってましたし、仕事中でコピー機の使用がカブっちゃった時もおっしゃってました。

メメントモリという言葉があります。絵画、特に宗教画にある「死」を想起させる表現です。ドクロとか。

そのOLからも勝手にそれを感じてました。少し好きだったので、芸術として感じてたのかもしれません。

私にしては長いことその会社には在籍し、紆余曲折あり別の人を好きになりました。

その人が会社を辞めることになって、最終出勤日、私は給湯室で彼女に連絡先を渡しました。彼女には彼氏がいましたが、もしもの奇跡を祈ってとりあえず渡しました。キープ・イン・タッチ。

今度は私が辞めることになりました。

メメントモリの彼女とは普通の関係でした。

でも、「死が近づいてくる」と言われると、少し好きでした。

会社の飲み会の時は、私はみんなから「ヘンタイ」扱いされていて、それで若干盛り上がる感じでした。メメントはそれを静かに笑ってました。

会社を辞める当日、メメとコピー機の使用がカブりました。

「今度はヘンタイ飲み会じゃない飲み会しましょうね」と言われました。

これはマン・ツー?という考えが出ました。浮かれました。

連絡先を渡し忘れました。

ノー・キープ・イン・タッチ。

最近の文章